Archives for: "July 2005"

2005/07/17

  04:32:58 by , Categories: 旅行
乗り換え JFK空港に到着後、ラガーディア空港に向かう。 事前に30分ごとにシャトルバスがあることを調べてあったので、順調に移動できるはずであった。 ところが、同行している今回出張2回目のK君がぼっとしていて、入国書類を書いていなかった。実際には、たしかに手配した旅行会社が必要事項を記入してくれているので、限りなく書くところはないのだが、旅行会社が全部してくれているから書かなくて良いと思っていた。サインも含め「何も」していないとは...… more »

2005/07/16

  22:43:12 by , Categories: Mobile and PDA, 旅行
New Yorkへ 新しいANA 成田-ニューヨーク路線にのった。 このエントリーは、な、なんと飛行機上から更新している! (このネタのために払った金額といったら、貧乏リーマンには半端な金額でないかもよ。  UNIX USERかLinux Managine編集部の編集長、ぜひ記事にしてください!) このANA 成田-ニューヨーク路線の機材は、5/14から新しくなり巷で噂の Boeing Connexion インターネットアクセスが利用できる。 Boeing… more »

2005/07/09

  01:40:00 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software
Re:未来のいつか/hyoshiokの日記 - atsushifx @ 18:17 「中身をいじれる自由」というのは絶対必要だと思うのだけど、中身をいじれる人になるには、昔はメインフレーマーに就職するしか道はなかったし、90年代は米国のベンダーに就職してシリコンバレーに行くしかなかったのだけど、21世紀は、OSS開発者になれば中身をいじれる人になれるではないか、というわけで、OSSの開発者になろう、それは、楽しいから、 未来のいつか/hyoshiokの日記… more »
  01:22:01 by , Categories: 書籍
tanabeさんが、大前研一の企業参謀を引いて、プロブレムソルビングについて論じている。 解決策志向型の思考をする人は、現象を追ってはいけない。頻出する問題というのは、色々な課題が出てくるように見えていても、実はそれは現象でしかなく、多くの場合はその根っことなっている原因があるはずである。本質的に問題を解決するためにはその根元を叩く必要がある。… more »
  01:03:16 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software
大変気になりながらも、今週の毎日の宴会続きで、へたれていたのと、スタックしたワークアイテムに押しつぶされておりました。 OSSのムーブメントは、日本に10年、20年選手をもっと生み出すと信じています。 若手育成ということで、私のOSSな職場では30年選手には退職後再雇用でばりばり遣って頂いていたりしてます。 あと、論文を検索したら、コンピュータサイエンスのほとんどは、50年代から60年代に出尽くしていますね。原理原則の重要なところはほとんど50年前に生まれています。… more »
  00:54:31 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software
皆様、カーネル読書会、お疲れ様でした。わたしは、出張先の関西から駆けつける予定だったので、間に合わないと思っていたのですが、意外と早く戻ることができ、最初から参加できました。 6時半現在で、あまり人が集まっていなかったので、ちょっとしたネタということで、OLSのスケジュールについて紹介しました。 岡島さんから、Plan9のファイルシステムを持ってくる話し(Glen or Glenda)など、面白そうなテーマについてコメントをいただきました。… more »

2005/07/08

  22:59:57 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software
Today I am asked by my coleague about IBM-SCO fight. "Oh, I don't know, I didn't update and watch it" I said. But now I found the new news at News.com....… more »

::