Archives for: "June 2006"

2006/06/15

  13:52:06 by , Categories: b2evolution
本ブログサイトでも使っているb2evolutionの新バージョンがリリースされた。このリリースで、0.9系のリリースは最後となり、バグフィックスも入らない予定。今後は、次のメジャーバージョン1.8 "Phoenix"がリリースし、メンテナンスされていくことになる。 more »
  13:35:26 by , Categories:
昼食にカレー 今日の昼食は、カレーにしました。実は隣の建物なのに気がつかなかったのですが、本格的なカレーを食せる食堂がありました。 千石のアジア文化会館。  駅近くにある留学生向けの施設。  ここの地下の食堂が平日の12:00〜13:30の間一般に開放されています。 ということで、行って参りました。ツインカレー(インドカレーとタイカレーのセット)を試しました。スパイスがしっかり入っているおいしいカレーでした。… more »

2006/06/14

  10:08:26 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software
なるほど、「EFI推進中のIntelが16bit BIOS依存の仕様を決めるのは、言動不一致」という指摘でしたか。わたしの理解は、SMI経由の仕様は一時的移行のためのものです。 ACPIのオブジェクトで定義すべきものだったが、市場競争上、ACPIの規格がupdateするまで待てない、ということだったとおもいます。 だから、当時の機種以外でのSMIの仕様利用は、推奨されていないと理解しています。MicrosoftのWindows… more »

2006/06/09

  19:42:00 by , Categories: Linux
SMM BIOSはOSから明示的に制御できない 私のブログに検索エンジンで、"SMM BIOS Driver"で訪問くださった方がいる。SMMをDriverで直接制御するというのは、基本的にはない。Intel SpeedStepの昔のインターフェースのように、I/O命令をトラップしてSMMに入ると言うことになる。これをSMIと表現している。Dellの Inspiron 8000のドライバでは、そのような処理をおこなっている。 現在的なインターフェースであれば、ACPI BIOSでSMM/S… more »

2006/06/07

  12:14:37 by , Categories: Linux
Gnome Network Manager Ashieさんのご紹介で、NetworkManagerみてみた。 なかなかsophisticated作りで共通バスであるd-busで制御可能になっている。 WPA Supplicant WPA Supplicantのほうも、進化している。ベータ版では、GUIが追加された。wpa_supplicantはdaemonとして動作しているときに、UNIX domain socket経由でwpa_cliやwpa_guiで制御可能だ。… more »
  11:57:35 by , Categories: Linux
Okujiさんのblogで、Speedstep with EFIに言及されている。 Linuxは、SpeedStepを利用する場合、 IST BIOSがいくらか情報をくれることを前提としています。一応パラメータで陽に指定するという方法もあるんですが、ちっとも優しくない手段なので、デバッグ以外ではあんまり使いたくないですよね。それで、EFIでは一体どうするんだろうか、と。… more »

2006/06/06

  13:47:40 by , Categories: Linux
Intel Centrinoのワイヤレスドライバは、IPW2200をつかうが、最近のバージョンに上げたところ、wpa_supplicantからうまく扱えない。 というのがでる。 おかしいと思ったら、IPWドライバは、そのインタフェースをIPW独自から、Wireless Extentionに切り替えたのだ。Wireless ExtensionのV18からは、WPAがサポートされているので独自やめたということだろう。 ところでIPW2200におけるWireless Extension… more »

::