Archives for: "June 2009"

2009/06/28

  10:42:00 by , Categories: OpenStreetMap, ソフトウエア , Tags: japanese, josm, openstreetmap, tips, translating
JOSMの翻訳作業は、”メッセージの翻訳”を超え、文脈と地物に関連する意味を確認しながら進めていく作業なので、大変なのである。それに対して、Contributors to this translation: Akihiro Ome, Hiroshi Miura, Ikiya, JIN, Katz Kawai, Kazuhiko NAKAMURA, MAPconcierge, caesium, hatochan, nazotoko, techstrom, yu nakayama. こんなにもたくさんの方が、協力してくれているのである。感謝である。 more »

2009/06/25

  19:33:55 by , Categories: 書籍, Crowd Sourcing
Don Tapscottの最新刊 Grown Up Digitalのなかで、「空気のようなテクノロジー」について触れているところがある。テクノロジーとともに育っているために、そのテクノロジーが当たり前であって、その先のことを考えているのだ、と。生まれたときから、ネットがあった子ども達は、すでに15歳になろうとしている。 CloudSourcingは、このような世代が(あたりまえとして)引っ張っていく、と思うのである。 more »

2009/06/20

  11:07:00 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software, 旅行
ソフトウエアシンポジウムで、OSSによる人材育成から、高度IT技術者までどのように育成できるのか、といった議論をしてきました。 カリキュラムの整備をすすめていて、これからOSS開発プロセスとか、コミュニティマネジメントについてのカリキュラム整備に着手します。企業の側(大企業だけなのかもしれません)では、ITSSの考え方が浸透してきて、キャリア開発プログラムにのっとって、高度なITスペシャリストやアーキテクトの認定・配置が始まっています。 ここにギャップがあります。大学教育に着目して、実践的… more »

2009/06/10

  00:53:00 by , Categories: b2evolution
毎度ありがたいことです。 いちど、解説をちゃんと開発者に説明したい more »

2009/06/05

  20:29:00 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software, Linux, 書籍, デバッグ
「実践デバッグ 技法」を眺めていて、改めて「DEBUG HACKS」を眺めていたところ、書棚に標記の「Linux(R) Debugging and Performance Tuning」が転がっていることに気がついた。本書は、大学院でのOSの授業で、参考書として紹介したことがある。 Bottleneck identification Code coverage Debuggers: gdb, kgdb, and KDB Memory management /proc… more »

2009/06/03

O'Rellyから、デバッグ最新刊、「実践 デバッグ技法」がでる。これは、The art of Debugging with GDB, DDD and Eclipseの訳本だ。 いわば、デバッグ三部作(?)の三部目だ。一部目は、「GDBハンドブック」とすれば、二部目は5月に刊行された「DEBUG HACKS」そして、「実践 デバッグ技法」である。なんと、いただきました。 推薦の辞を、DEBUG HACKSをまとめた吉岡氏が寄せている。… more »