« oldstable(sarge)からstable(etch)へのアップグレード注意点伊藤弘昌教授退官記念講演 »

ウェブログの心理学

2007/05/22

  10:25:01 by , Categories: 書籍

Link: http://www.amazon.co.jp/gp/product/475710149X?ie=UTF8&tag=momoksmemocod-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=475710149X

ウェブログの心理学
山下 清美 (著), 川上 善郎 (著), 川浦 康至 (著), 三浦 麻子 (著)
NTT出版 (2005/03)

雑駁に纏めると。

ウェブログがはやってきているが、実は、日本にはWeb日記やテキストサイトの文化があって、最近になって急に始まったことではない。パソコン通信からの流れもある。それとはべつにUNIX系で事実や情報を日誌として記録する文化もあり、これが欧米のブログの流れに近い。
事実記録:心情の吐露、自己表出中心:他者や事実評価中心の2つの軸で4象限で分類できる。

ということらしい。心理学とあるが、アンケートの母数も数百とちょっと少なめであるし、インタビューによるケースの深掘りも大してなかったかな、というところ。SNSの動きと、Web日記サービスとの関連から心理的な分析など、すこし面白かったかな。

ブログとは?とか、はてなと言うサービスがあって、とか、そういう世の中紹介的な部分が多いので、情報量は極小と思えた。ブログってなに?という諸氏には、なんで日記を公開で書くのか不思議に思えるであろうから、その納得を得るのにちょうど良かろうという気がする。

Trackback address for this post

Trackback URL (right click and copy shortcut/link location)

No feedback yet


Form is loading...

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
A blog about social, software and technology by Hiroshi Miura, aka momokuri, who are working for Free/Libra/Open Source Software over 10 yrs.

Search

  XML Feeds

powered by b2evolution free blog software