« 中国とオープンソースソフトウエア小江戸LUG活動報告会 »

中国に注目

2004/04/12

  00:00:00 by , Categories: Mobile and PDA

[]中国の経済力 このエントリーを含むブックマーク

http://www.iijnet.or.jp/IHCC/north-chinamotor-industry01-gnp01.html「2003年度、「一人当たり」GDP〔国内総生産〕が初めて「1,000ドル」の大台へのりました。」これは、重大なトピックだとおもいます。この記事では、自動車の生産台数が飛躍的に延びるのは、一人当りGDPが2,000ドルを越えるときと指摘しています。
http://www.fukui-iic.or.jp/kokusai/sh/02.9.29.htm「今後5年間で上海の一人当りGDPは5000ドルから8000ドルに伸び、世界レベルの都市として重要な時期となる。」
これらは、id:hyoshiokが指摘するように、中国の経済がもうすぐ日本と米国を凌駕する時代の幕開けになりつつあるということ。アメリカの政策面でも中国の優先度が高まっている(半面、日本バッシングは少なくなった)こともあげられる。ここ5年の中国の経済成長は平均8%ということで、日本の高度経済成長にも似た活況を呈している。
ところで、72の法則をしっているだろうか。複利計算で良く使う法則だ。元手が2倍になる期間を知りたければ、72を率で割れば良い。8%ならば、9年で倍になるということだ。日本のサラリーマンの私の年収は9年で倍になっただろうか?
中国株を扱う証券会社も結構な数になり、http://www5f.biglobe.ne.jp/~ossann/china_buy.html投資家も熱い視線を送っています。日本が初めて1000ドルの大台にのったのは、いつのことだったでしょう?その当時を振り返ることは、対中国を考える上で、実は、大切かもしれませんよ。

Trackback address for this post

Trackback URL (right click and copy shortcut/link location)

Feedback awaiting moderation

This post has 1 feedback awaiting moderation...


Form is loading...