Categories: "Mobile and PDA" or "Android" or "Palm" or "SymbianOS"

2008/11/23

Link: http://www.fiveflavors.com/mt/pas_mal/archives/2008/02/post_1.html

昨年より、Nokia E61というSymbian OS 9.1/S60 3rd editionベースのスマートホンを使ってきた。ほとんど、PalmOSから乗り換えられるが、2つだけ今ひとつ乗り換えられないアプリケーションが2つある。

一つは、パスワード管理ソフトウエア。Keyring for palmOSを使ってきていて、その代替となるフリーソフトウエアがほとんどない。おしいのは、safeというアプリケーション。ただし、キーの生成機能がない。

二つ目は、辞書引きソフト。これまで、EIJIROWDICの組み合わせで、ちょっと引きたいときに使ってきた。Linux distro上では、EBViewというアプリケーションを使っている。この辞書引きについては、EPWING形式を検索できるアプリケーションがS60上には存在していなくて、そんなQ&Aがインターネット検索をするとたくさんでてくる。MobilePocketというのを使うのが、今のところのworkaroundだが、変換が面倒。それは実は仕方なくて、EPWINGという規格がグローバルな標準ではなく、日本ローカルであって、Symbian OSベースのスマートホンを世界でもっとも出荷しているNokiaやモトローラの市場は、日本だけはその範囲外であったということだ。

EPWING形式を引くアプリケーションは作るのが面倒そうだな、と、思っていたのだが、じつはEBViewは、EB libraryを利用して作られている。そして、eb4jというEB libraryのjava実装があって、EPWING形式へのアクセスはライブラリに任せてしまえそう、ということに気がついた。
そして、このeb4jを使って、辞書引きソフトウエアを作った人がいて、LGPLで公開している。

Javaならば、Nokiaのスマートホンは、CLDC/MIDPアプリケーションを構築すれば、動かせるのだし、複雑な部分はライブラリ上にあるわけだから、GUIつまり、検索キーワードを受け取ってライブラリに渡して、結果をリスト表示する。程度のアプリケーションは、さほど難しくならなそうだな、ということで、作ってみたいとおもったのである

2008/11/16

  15:35:25 by , Categories: Mobile and PDA

調子が悪く、さらにApplication Installerのデータベースが壊れたみたいで、アプリの追加削除ができない。
先月の調子がいいうちのバックアップがあるので、仕方がないので、ハードリセット(通話+*+3を押しながら、電源入れて30秒ほど保持)をかけてみた。
そしたら、バックアップを戻そうとすると、ソフトウエアを戻す過程でエラーになって、データ場戻らない!

おそらく、データを戻す前提となるすべてのアプリケーションが入っていないとエラーになる仕組みと思われる。

2008/11/15

  15:34:50 by , Categories: Mobile and PDA

Link: https://www.rememberthemilk.com/

とても便利そうである。あとは、Symbian S60 phoneと同期できれば…
ま、当座は携帯ブラウザで閲覧することにする。

2008/10/21

  09:37:00 by , Categories: Mobile and PDA

Link: http://junnikokuki.spacesbloggers.com/

Nokia E61を使いはじめて間もなく一年になるが、ようやっと、freetimeboxを使い始めた。このソフトは、ntp, gpsで携帯電話の時計を正しく合わせてくれる。通常、携帯キャリアの電波には、時計合わせのプロトコルも規定されているようなのだが、必ずしも実装されているわけでもないらしい。
E61では、無線LANアクセスができるため、NTPで合わせてくれるのは、有り難い。

2008/10/19

2008/10/18

  18:45:01 by , Categories: Mobile and PDA, SymbianOS , Tags: e61_j_fontrouter_lt_tips

Link: http://ayati.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/m1p-c52d.html

こちらで紹介されている、日本語・中国語・英語が含まれるフォントを、所有しているNokia E61(日本語版)に導入してみた。
導入には、モバイルをバックパックにつめこんでで紹介されている、FontRouter LTを用いて、内蔵フォントの代わりに、新たに導入したフォントを使うようにする。
日本語版での注意は、本体に導入しないこと。ハードリセットの憂き目にあう。そういえば、ほかのソフトウエアでVodafone 702NKを使っていたときにも、同様な注意の必要なソフトがあったような気がする。
また、当然バックアップをとってから実施すること。

設定ファイルであるFontrouter.iniは次のようにした。(ポイントのみ)

; FontRouter LT Configuration File Example
; Comment line starts with ";".

[Global]
Enable=1
NativeFont=1
LogLevel=2
ForceAntiAliased=4
FixFontMetrics=0
FixCharMetrics=0
ZoomRatio=100
ZoomMinSize=0
ZoomMaxSize=48
Chroma=100
ExtraFontFile=\Data\Fonts\*\*

[FontMap]
; Common
*=*
=*

; For S60 3rd
Series 60 ZDigi=WenQuanYi Zen Hei

当初、配布されているフォントには、複数のフォントが含まれていて、そのうち小さいサイズのフォントは不要と考え、デフォルトサイズのフォントであるM+1P+WenQuanYiZenHei.ttf を使ってみた。ところが、思いの外見やすい。そこで、さらに小さいフォントM+1P+WenQuanYiZenHei80.ttf を使おうと思った(のが失敗のもと)
いくつかのサイトで紹介されているように、一旦機能をとめてからではないと、フォントを入れ替えられない(システムのフォントとして使われるので、ロックされているから)。
そこで、モバイルをバックパックにつめこんで[Nokia]を参照して、Enable=0として再起動したが、なぜか停止してくれない。
あれれ、とおもってサイズの小さい方のフォントを規定の場所にコピーし、古い方を削除しようと思ったら、がびーん、削除できない上に、強制リセット。
さらに悪いことに、ホワイトアウトしてしまい、起動プロセスが進まなくなってしまった。

さあ、これは大変である。同じフォント名のTTFファイルを同時に2つフォントのフォルダにはおいてはいけないのだな。

しかし、ちょっと気がついた。
C:\Data\Fonts\ に設定ファイルをおいたわけであるが、同時にインストール時に自動的に導入されていたe:\Data\Fontsを削除していなかった。
そこで、メモリカードを取り外し、PCにて該当の設定ファイルを削除して、差し直して起動してみた。
めでたく起動するようになった。(その前に、当然ささない状態で起動して動作を確認している)

ということで、このFontrouter LTは、miniSDのメモリカードの設定も見に行くので、そちらに設定はおけばよろしい。ということが判明。

2008/10/13

  20:15:20 by , Categories: Mobile and PDA
Originally uploaded by miurahr at 12 Oct '08, 10.59pm PDT PST.


家の近所にこんな感じの郵便局舎がある。
当然 http://openstreetmap.org/ に登録済み

::