Category: "Palm"

2004/11/21

  23:30:00 by , Categories: Mobile and PDA, Palm

実は、先週、2年ほど使用したpalm m515が故障した。その前に一時的に使っていたvisor prism(ゲームボーイくらいのおおきさでちょっと使いにくい)を引っ張り出して、バックアップとして使っているが、やはりでかい。


自分にとって、このpalmはまさに紙のかわりで、30分刻みのスケジュールを自分の代わりに覚えておいて知らせてくれる、大切なものだ。visorが使えるようにする数日だけでも、自分のスケジュールがわからないとか、のる電車の時刻がわからないとか、インターネットサイトのパスワードがわからないとか、とにかく不便で、どれだけ依存していたかを思い知った。


この故障の原因だが、動きから見て、memory(フラッシュメモリ)の書き込み限度を越えたような様子である。すでに、palmone社は、日本から撤退してしまっているため、サポートも東海岸にいる日本語の使える人がやってくれているが、タイムラグがあって具合がわるい。修理もしてくれず、中古の優良代用品を1ー2週間で送付するということだ。すでに保証期間も過ぎているので、有償でもある。(市場の中古価格よりは安価ではある)
また、載せているアプリケーションも基本的にはfree softwareを優先してつかっていて、そのローカライズも自分でやっていたりするので、愛着があって、他のデバイスに移るのもしんどい。

電子手帳の類の価格も高価だ。


他の人達は、携帯電話でスケジュールやアドレスを管理している様子である。
でも、僕は、GNU Keyringというソフトウエアで、100個以上のあらゆるパスワードや個人情報をTriple DESで暗号化して持ち歩いている。これがないと、とにかく不便である。

ブラウザにパスワードを覚えさせるのもいやだということで、これを使っている。
で、結局また、palm OSを搭載したデバイスを購入することにした。中古で。

Palm OSは、ハンドヘルドの性能が低い時代にあわせて設計してあるため、いまのデバイスからすると、非常に設計が汚いことは理解している。が、しかし、こいつは僕には道具であるのだ。とにかくいつでも使えることが大事。新しい環境になれる手間も省きたい。
という思いは、でもうまくみたされることはない。


コンセプトが好みではなかったが、手頃な大きさであることから、Sony CLIE PEG-TJ37を中古で購入した。m515の中古と同じ値段だったことが、背中を押した。

しかし、Graffiti2になって、文字入力にストレスがたまったり、すでに持っているSDカードが使えないために出費が増えたり、使いそうにないエンターテイメント機能がウザいとか、Palm OS5になって、常用していたソフトがうまく動かないとか、環境を作るのに時間を要してしまった。

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
A blog about social, software and technology by Hiroshi Miura, aka momokuri, who are working for Free/Libra/Open Source Software over 10 yrs.

Search

  XML Feeds

powered by b2evolution free blog software