Categories: "Desktop Applications" or "Input Methods" or "OpenOffice.org"

2011/12/24

2010年の上半期に、国際化の開発に協力したOSSプロダクトのひとつに、nixnote(旧Nevernote)がある。

Evernoteクライアントのフリークローンで、Java+QtJambiで書かれていて、プラットホームニュートラルに動く。そのころ、KoedoLUGで、紹介したことがあった。しばらく、開発協力した本人も使うことが無くなっていたのだが、KoedoLUG主宰のはとちゃんが地道に使い続けてくれていることが判明、ちゃんとみないと遺憾な、とgit repositoryをおいかけ直すことに。

ところで、この手のドキュメント管理ソフトウエアでは、全文検索のできがとても重要である。nixnoteは、データ保管には、H2 Database を使っている。H2は、Javaで実装されたオープンソースのDBMSである。

さて、nixnoteでは、設定可能な正規表現 [,\\s]+ で単語を切り分けて、インデックスを作成している。ご多分にもれず、これでは日本語の検索ができない。日本語などCJK言語の単語切り分けは、正規表現では表現できず、形態素解析を必要とするからだ。

さて、H2データベースには、内蔵の全文検索が2タイプあり、ネイティブとLucineによるものがある。Apache Lucineは有名な全文検索エンジンで、これを使うように改良できれば、nixnoteの機能も向上させられそうだ。そこで、H2データベースのLucineによるCJK全文検索をしらべると、H2追っかける日記にて全文検索を使う話が掲載されていた。

ということで、nixnoteのこの部分を改良する人、募集中なのである。(自分でやれ?)はとちゃんが、がんばれ!?

2011/01/16

  13:12:00 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software, OpenOffice.org, Java, Ubuntu

Link: http://ubuntuguide.org/wiki/BigBlueButton#Install_BBB_.3C-.3E_Moodle_API

BigBlueButtonは、APIを持っており、CMSなどと連携させることができる。

デフォルトでは、APIのデモページがあり、JSPによる具体的な利用方法を理解することができる。

人気のあるCMSといえば、Joomla!やDrupalがあるし、BBBは教育用途を意図して作られているところもあるので、Moodleも考慮に値するだろう。

このページでは、MoodleとDrupalについて、連携方法を示している。

Drupalとの連携については、
http://drupal.org/project/bbbで、すでにモジュールも用意されている。

Moodleの連携については、 http://www.dualcode.com/bigbluebutton/に、プラグインが提供されている。

活用してみようと思う。

2011/01/09

Link: http://bigbluebutton-blog.blogspot.com/2010/11/193-simultaneous-users.html

世の中には、OSSの、LGPLでライセンスされたTV会議ソフトウエアというものが存在する。これは、アーキテクチャ的には、他のOSSに大きく依存している。たとえば、Ubuntu, Tomcat6, Ngidx, ghostscript, OpenOffice.org, swftools, MySql, Astariskなどだ。このソフトウエア・プロジェクトの名前は、BigBlueButtonという。

実に、素晴らしいソフトウエアで、ローカライズもすごく頑張っている。インターフェースもクールだ。複数名の同時カンファレンスができる。開発者のブログによれば、193同時ユーザの会議をホストできたようだ。WebCamによるテレビ会議も20人までいけたようだ。 Asteriskを使っているのは、普通の電話からも会議に入れるように。この193同時ユーザの実験でも、45人は電話からはいったようだ。

さて、自分の利用を用意にするため、そしてみなさんの実験をするのを容易にできるよう、Amazon EC2にイメージを作ってみた。

AMI ID: ami-58b7c90a
Name: bbb-0.71-Ubuntu-10.04-64
Description: BigBlueButton 0.71 on Ubuntu 10.04LTS(64bit)
Owner: 457068382909

そして、その取り扱いを容易にするスクリプトも書いてみた。

ubuntuなどのAmazon EC2に対応したLinuxディストリビューションで
apt-get install ec2-api-tools
として必要なツールを導入し、
以下のスクリプトをbbb.shというファイル名で保存しているとすると、

./bbb.sh run

で、EC2上でUbuntu Linuxが起動し、

./bbb.sh status

として起動したことを確認したあとに

./bbb.sh start

とするとサーバが立ち上がり、必要なIP設定を自動でおこないます。

./bbb.sh login

とすると立ち上がったサーバにログインできて、

./bbb.sh stop

とすると終了するはず。
スクリプトは、適宜、Amazon EC2の登録情報を書き換えて欲しい。また、自分がオーナーではないイメージからの起動については実験していないので、うまく動かす方法をしっていたら、教えて欲しい。

2010/01/17

  15:06:00 by , Categories: Linux, Input Methods

Gnucashという会計ソフトがあり、複式簿記ができる。Windowsのバイナリもあり、sqlite3やmysql, PostgresQLもバックエンドに使えるようになってきているんで、共同作業にも使えるようになっている。

メッセージの日本語化も進んでいるので、いろいろ使えると思うが、入力メソッドを使ったときに、変換候補がインラインで表示されない、という仕様になっている。

これは、GTKのインライン要素を不可視にした上で、入力内容をパースして、セルに記入するという動作をしているためである。

gnucashのシートイメージは、gnome officeのひとつ、gnumericのシートのコードが祖先になっているようだ。gnumericのほうでは、入力メソッドを使ったときの動作は改良されているので、同じような改良をgnucashに行う必要がある。

ソースは以下から入手可能
http://svn.gnucash.org/repo/gnucash/trunk

問題のコードは、
gnucash/src/register/register-gnome/gnucash-sheet.c
とおもわれる。

修正内容は、IM Contextの使い方を参照すると酔い。

2009/11/29

Link: https://launchpad.net/igotu2gpx

OpenStreetMap Japanでは、MAPコンシュルジュのご協力で、OSM Japan寄付付きi-gotU GPXトラッカーの販売を行っていただいたことがある。当初は、Windowsのみの対応だったが、OpenStreetMap JapanのMLでご紹介したように、igotu2gpxというLinuxのクライアントが開発されていた。

最近、みたところ、大変な進化を遂げている。

  • GUIが追加された
  • 設定ができるようになった
  • Windows/Macにも対応するようになった。

わかりやすいところで、GUIを見ていただきたい


起動時画面



地図をズームアップ、メニュー表示

これらのメッセージが日本語なのは、さっき翻訳したから。いずれ、取り込んでもらいます。地図は、もちろんOSMの成果を使っています。

2009/11/09

  01:20:33 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software, Linux, Input Methods, Debian

xsane (SANEというスキャナーフレームワークのフロントエンドの一つ)が、SegFaultでおちる。落ちる原因は、Atok3 のiiimp.soだったりする。
env GTK_IM_MODULE= xsane とすると、落ちない。

2009/02/07

  17:19:04 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software, Linux, Input Methods, Debian

Link: http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=962835

このリンクにあるように、dell miniのubuntuでは、アーキテクチャがlpia となっていて、i386用パッケージは、アーキテクチャが違うから使えない、とでる。しかし、強制的にインストールすれば使える。というのはとくにアーキテクチャが違うわけでもないから。

でも、強制するのは気分わるいので、パッケージを変換してエラーでないように使用という話。
Ubuntuフォーラムの説明では、1このパッケージを処理するにはいいが、たくさんあるときには、面倒である。たとえば、 ATOKX3を入れたいときとか。

ということで、スクリプトを書いてみた。repack-deb.sh

usage: repack-deb.sh [-t target directory] debian packages..

使い方はこんな感じで、i386用パッケージを複数指定すると、/tmpディレクトリに作業ディレクトリを作成して、元の投稿にあるような処理を自動的におこなう。結果は、実行したカレントディレクトリにパッケージを作成する。また、 -tオプションでディレクトリを指定すると、そのディレクトリに作成したパッケージをおいてくれる。使い方は、-hオプションをつけてみてください。

このスクリプトを使えば、UbuntuのリポジトリにないskypeやATOKなどを容易に導入することができる。

Attachments:

::