Category: "Input Methods"

2010/01/17

  15:06:00 by , Categories: Linux, Input Methods

Gnucashという会計ソフトがあり、複式簿記ができる。Windowsのバイナリもあり、sqlite3やmysql, PostgresQLもバックエンドに使えるようになってきているんで、共同作業にも使えるようになっている。

メッセージの日本語化も進んでいるので、いろいろ使えると思うが、入力メソッドを使ったときに、変換候補がインラインで表示されない、という仕様になっている。

これは、GTKのインライン要素を不可視にした上で、入力内容をパースして、セルに記入するという動作をしているためである。

gnucashのシートイメージは、gnome officeのひとつ、gnumericのシートのコードが祖先になっているようだ。gnumericのほうでは、入力メソッドを使ったときの動作は改良されているので、同じような改良をgnucashに行う必要がある。

ソースは以下から入手可能
http://svn.gnucash.org/repo/gnucash/trunk

問題のコードは、
gnucash/src/register/register-gnome/gnucash-sheet.c
とおもわれる。

修正内容は、IM Contextの使い方を参照すると酔い。

2009/11/09

  01:20:33 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software, Linux, Input Methods, Debian

xsane (SANEというスキャナーフレームワークのフロントエンドの一つ)が、SegFaultでおちる。落ちる原因は、Atok3 のiiimp.soだったりする。
env GTK_IM_MODULE= xsane とすると、落ちない。

2009/02/07

  17:19:04 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software, Linux, Input Methods, Debian

Link: http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=962835

このリンクにあるように、dell miniのubuntuでは、アーキテクチャがlpia となっていて、i386用パッケージは、アーキテクチャが違うから使えない、とでる。しかし、強制的にインストールすれば使える。というのはとくにアーキテクチャが違うわけでもないから。

でも、強制するのは気分わるいので、パッケージを変換してエラーでないように使用という話。
Ubuntuフォーラムの説明では、1このパッケージを処理するにはいいが、たくさんあるときには、面倒である。たとえば、 ATOKX3を入れたいときとか。

ということで、スクリプトを書いてみた。repack-deb.sh

usage: repack-deb.sh [-t target directory] debian packages..

使い方はこんな感じで、i386用パッケージを複数指定すると、/tmpディレクトリに作業ディレクトリを作成して、元の投稿にあるような処理を自動的におこなう。結果は、実行したカレントディレクトリにパッケージを作成する。また、 -tオプションでディレクトリを指定すると、そのディレクトリに作成したパッケージをおいてくれる。使い方は、-hオプションをつけてみてください。

このスクリプトを使えば、UbuntuのリポジトリにないskypeやATOKなどを容易に導入することができる。

Attachments:

2009/01/05

  18:04:43 by , Categories: Input Methods, 生活 , Tags: atok, ime, keyboard

Link: http://yoosee.net/d/archives/2007/12/11/003.html

会社にあるDesktopPCには、悲しいかな規定によりMicrosoft Windows XPが搭載されている。普段、Oki mini keyboard (US)を使ってまあまあ快適に仕事をしているが、規定により専用端末よりリモートからデスクトップに安全に接続すると、キーボード設定が日本語106キーボードになってしまった。

英語キーボード搭載なのに「地域と言語の設定」が [EN] と [JP] の 2種類存在し、[JP] を選ぶと配列が日本語106キー配列(例えばShift+2が@でなく")になってしまう。[EN] で使うと英語キー配列だが MSIME が利用できない。ドライバは101英語キーボードになっているのだが。これはキーボードを途中で日本語106から英語101に変更したときによく出会う状況だ。

ということだが、rdesktopで日本語キーボードのクライアントから接続するときは、同じ目に遭うことに気がついた方がいい。
実際には、とあるWindows Server 2003 ターミナルサーバから、デスクトップにremote desktop接続したのである。

新年、自分の端末で、Ctrl-Plusが打てない、括弧が逆、とか、いろいろストレスであったが、yooseeさんのおかげで、助かった。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layouts\E0010411\Layout File を見てみると、案の定 KBDJPN.DLL だったので、KBDUS.DLL に変更して再起動

おなじように見てみたら、この項目が案の定の設定になっていたので、アドバイス通りに直して再起動した。もう一つのほうは、従前よりkbd101.dllの設定であった。
もう一つのストレスは、MSIME を殺してATOKを使っているのに、勝手にMSIMEがゾンビのように復活することだ。本当にいらいらする。

2007/05/17

  11:13:42 by , Categories: Linux, Input Methods

Link: http://tach.arege.net/d/20070510.html#p01

最近のiiimf関係の活動は、放置気味で、かつdebian packageのメンテナーであるRoger Soとの連絡もうまくいっていない。(連絡のほうは別件であるが)

しかも、iiimfのメジャーバージョンアップに伴う構成変更でATOKとの相性(?)がとても悪い。

とおもったら、iiimf-client-elも直さないと行けないことが判明して、これは僕の仕事だな。
週末に最新状況をキャッチアップすべく、動きます。

入力周りが(フリーもビジネスも)もっとすっきりするといいんだが...sigh

tachさんのブログでは以下のように記されている

最新の iiimf 関連のパッケージのできがよくなくて,libgtk のアップグレードにともない,gtk immodule が使えなくなってしまった.しばらく xim(iiimf-client-xim)を使っていたんだけど,これが超不安定.ときどき入力が変になることがあって,復旧させるにはアプリの再起動しかない(結局,X のログインセッションからやりなおしたりとか…).

なので,この不安定さに嫌気が差して,scim-anthy を使っていたんだけど….これは自分の使い方ではストレスがたくさんたまってしまう….助詞立ち上がりとかをよく使うので,最初の候補が悲惨な変換になってしまう.しばらく学習させればいけるかなと思ったけど,そう言うレベルではなさそう.なので,強引に問題を解決させて,ATOK を使うことにした.

最新の iiimf deb package で atokx2 を使うには以下の問題がある.

1. iiimf-client-gtk がインストールできない(Bug#419307)
2. iiimf-client-el でつなぐと iiimd が落ちる
3. XIM を立ち上げても,ATOKX のツールバーが出ない

2007/01/19

Link: http://www3.justsystem.co.jp/download/atok/up/lin/050615.html

2年前にATOK for Linuxがアップデートしていたことに気がつかず。
IIIMFにも、2行ほどパッチが増えていた。

ということで、Debianパッケージを再構成した。ATOKX2パッケージは
対応しているのだろうか。

ATOK同梱相当のIIIMFのdebianパッケージは、後ほどアップロード予定。

2006/07/19

  22:26:00 by , Categories: Linux, Input Methods

Link: http://www.google.ca/search?hs=oDW&hl=en&client=firefox&rls=org.mozilla%3Aen-US%3Aunofficial&q=PRNG++is+not+seeded+gdm&btnG=Search&meta=

Debian Upgrade

Debian sargeからetchへアップデートを行ったところ、次のようなエラーでログインできんかったり、ターミナルがひらかなくなったりした。


/etc/gdm/Xsession: Beginning session setup...
Setting IM through im-switch for locale=ja_JP.
Start IM through /etc/X11/xinit/xinput.d/ja_JP linked to /etc/X11/xinit/xinput.d/iiimf_atokx2.
PRNG is not seeded

このPRNG is not seededというエラーは、


/dev/urandom
/dev/random

のパーミッションが不正であったために発生。
どうように、ターミナルエミュレータが開けないのは、/dev/ptyのパーミッションが不正になったためだった。

実は、アップグレードしたときに、/etc/udev/permissions.rulesファイルを置き換えるか聞かれたはず。
今回、自前で設定をもっていたので、アップグレードしなかった。
udevシステムのファイル書式が変更になったために、発生していたのだった。

以前は、 KERNEL="misc", MODE="0666"のような設定書式だったのが、代入と条件判断の書式を分離し、ACTION=="add", KERNEL=="misc", MODE="0666"のようになったのだ。

そのほかにも
IM-switchの設定関係が増えている。


/etc/alternatives/xinput-ja_JP
/etc/alternatives/xinput-all_ALL

あたりでシステムデフォルトのIM関係環境変数の設定がされるようになった。
ちなみに、iiimfでATOKを使うには、
/etc/X11/xinit/xinput.d/iiimf_atokx2
を準備し、xinput-ja_JPへとリンクされるようにすればよい。


XIM=htt
XIM_PROGRAM=/usr/bin/httx
XIM_ARGS="-if atokx2 -xim htt_xbe"
XIM_PROGRAM_XTRA=

GTK_IM_MODULE=iiim
QT_IM_MODULE=iiim

DEPENDS=atokx2

HTT_DISABLE_STATUS_WINDOW=t
HTT_GENERATES_KANAKEY=t
HTT_USES_LINUX_XKEYSYM=t
export HTT_DISABLE_STATUS_WINDOW
export HTT_GENERATES_KANAKEY
export HTT_USES_LINUX_XKEYSYM

のようにすればよい。

::

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
A blog about social, software and technology by Hiroshi Miura, aka momokuri, who are working for Free/Libra/Open Source Software over 10 yrs.

Search

  XML Feeds

powered by b2evolution