Category: "旅行"

2006/09/29

  01:51:00 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software, 旅行

国際会議の2日目が終了した。夕食後、3日目にむけて、project Editorとして議論のレポートと、resolutionのドラフトを行う。
すでに、ふらふらで、ペーパをかくのに3時間もかかってしまった。

明日、体力が持つのか、心配である。

2006/08/22

  23:04:00 by , Categories: 旅行

メイド

東京駅で発見。(絶句

2006/07/17

  20:33:00 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software, Linux, 旅行

8時間ほど前にオタワに到着。TRONTO-OTTAWAの車の旅は、6時間半くらいでした。
途中、(eventually)去年と全く同じレストランと全く同じKFC、ガススタンドに立ち寄りました。ただ、途中道を間違えたので、景色に変化があって、良かった。湖沼地帯であることがよくわかったし。

道中、草むらでおしっこしたら、ヤブ蚊におそわれました。わたしは早々に退散したら、隣にいたHさんを集団でおそったようです。

わたしは今回も、昨年と同じホテルNovotel Ottawa Hotelにしましたが、他の車をともにしたメンバーは、違うホテルへ。今回のホテルプランは、ネットから直接予約。朝食なしで$139+TAXです。

今回残念なのは、日本での仕事の都合で、最終日を見ないで帰国してしまうこと。OLSの基調講演や5人いる日本からの講演のうち二人の講演を見られないことでしょうか。
もっとも残念なのは、GPG Keysign Partyに出られないことかもしれません。

2006/07/16

  16:33:05 by , Categories: 旅行

Link: http://kenichiokuyama.blogspot.com/2006/07/1.html

同じラウンジに一緒に入って、それぞれPCをたたく。
あまり意味がない。

2006/07/11

  12:56:23 by , Categories: 旅行, 生活

Link: http://www.loccitane.co.jp/shop/index.php

我が家では、一昨年から保湿クリームは、L'OCCITANE ということになっている。ANA国際線を使って、アメリカ出張にいったときに、機内販売でおみやげ&自分の保湿用として、L'OCCITANE ピュアシアバター 8ml を購入したのがきっかけだ。

そのとき、うっかりしてリップクリームや保湿クリームを出張の荷物に入れるのを忘れてしまったのだ。それで、機内販売にあるだろう、と見つけたのがこれ。いまでも、毎日持ち歩く荷物の中に、忍ばせてある。

西アフリカに生育するシアの木の実から取れる天然の保湿クリーム。寒さや乾燥からお肌を守ります。ノーマルスキンから乾燥/敏感肌の方も安心して使えます。赤ちゃんやお子様でもご使用いただけます。

というわけで、シアバター特有の淡いにおいさえ別にすれば、顔にも手にも、唇にも、髪にも使えるのである。聞くところによると、ふつうに化粧品に配合されることのある成分らしい。結構ファンもおおい。(ほかにも、“歐舒丹”( L'Occitane)の“茉莉綠茶系列”(Green Tea with Jasmine シリーズ)を買ってみたとか、ジャスミングリーンティの香りとかブログの記事も多数)

昨年パリに出張にいったときに、オペラ座の近くにあるL'OCCITANE本店で大きな缶で購入していて、いまでも大量に自宅にストックされている。そしてミニケースに移し替えて利用している。

最近では、家の近所の大宮駅にも店舗ができて、手軽に入手できるようになったので、ありがたいとおもっているところだ。

Essence of Provence: The Story of L'Occitaneなんて言う本もでていて、ブームの様相。

というわけで、きっかけは、下のバナーのANA機内販売なのでした。
astyle ANAショッピングサイト

2006/06/22

  20:03:33 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software, Linux, 旅行

Link: http://www.linuxsymposium.org/2006/

今年も、オタワで開かれる、Ottawa Linux Symposiumへ参加することになった。久々の海外出張である。

昨年もシンポジウムに参加し、オタワに行ったのだが、このときの旅程では、ANAエコノミークラスを使って、成田空港ーニューヨーク(JFK)と移動し、ニューヨークでラ・ガーディア(LGA)空港へ陸路移動、そのままAir Canadaでトロント(YYZ)に入るという計画だった。

このときの、ANA国際線エコノミークラスには、プレミアム・エコノミーの設定があり、当時海外出張が多く、ANAのマイレージプログラムのプラチナメンバーに認定されていたので、自動的にこのプレミアム・エコノミーにアップグレードしてもらえたのだった。このプレミアム・エコノミーは、シートの感じはスーパーシートプレミアムとまでは行かないまでも、昔のビジネスクラスくらいのシートにはなる。

そしてトロントからは、レンタカーを借りて、オタワに入ったのだった。

そのときの自分のブログによると、

WebからのANAの通常の予約だとワシントンDC経由がでてくるが、ワシントンは古い機材であり、New Yorkが5/12より新しいB777になったということ。よし、NYに経由地は決定だ。

ちなみに一般人の自腹なので、もちろんエコノミーで行くのだが、新しい機材の方が何かと体に優しいのだ。

Full story »

2006/03/25

  20:15:49 by , Categories: 旅行

Link: http://q.hatena.ne.jp/1099056699

はてなにて、こんな質問があった。
参考になるかと思ったが、人によってきっと違う。

そこで毎回、海外出張時に何をもっていくんだっけ?と、思い出すのが大変なので、
記しておく。セキュリティ上問題になりそうなことはかけないけどね。

会議の種類によって、少しずつ荷物が違うんだな。書き出してみて、よくわかる。
それにしても、海外出張数十回と思えない荷物の多さだな。、。。

このへんまでは、まあまあ普通だが、さらに

Full story »

::