« 日本オラクルがNECらとLinux販売連合相互利用記念PASMOが到着 »

debian sargeからubuntu feisty(0704)に無理矢理dist-upgrade

2007/04/28

  23:19:25 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software, Linux

ちょっと思い立つところあって、Debian GNU/Linux 3.1(sarge)から apt-lineを書き換えて、Ubuntu Linux 0704(feisty)にapt-lineを書き換えて、aptitude dist-upgrade してみた。

途中、はまるところ

/usr/X11R6/bin/ をシンボリックリンクに張り替えようとするが、gdmが依存関係から、x11-commonのpost-init script実行時に残ってしまうために、エラーになる。あらかじめ、aptitude remove gdmしておくとよい。

pythonのコンパイルオプションの違いから、upgradeに失敗する。あらかじめ、aptitude remove pythonしておくとよい。

という程度であった。

あとは、最後に、initscriptsのpost-install scriptで、mount -n -t tmpfs varrun /tmp/.var.run/ のところで失敗する。これはカーネルをインストールして、リブートするとすんなりと入る。

Trackback address for this post

Trackback URL (right click and copy shortcut/link location)

Feedback awaiting moderation

This post has 6 feedbacks awaiting moderation...


Form is loading...