« Merkaartorの日本語メッセージ翻訳JOSMのメッセージ翻訳 »

Dell mini (ubuntu)用debianパッケージの作り方

2009/02/07

  17:19:04 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software, Linux, Input Methods, Debian

Link: http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=962835

このリンクにあるように、dell miniのubuntuでは、アーキテクチャがlpia となっていて、i386用パッケージは、アーキテクチャが違うから使えない、とでる。しかし、強制的にインストールすれば使える。というのはとくにアーキテクチャが違うわけでもないから。

でも、強制するのは気分わるいので、パッケージを変換してエラーでないように使用という話。
Ubuntuフォーラムの説明では、1このパッケージを処理するにはいいが、たくさんあるときには、面倒である。たとえば、 ATOKX3を入れたいときとか。

ということで、スクリプトを書いてみた。repack-deb.sh

usage: repack-deb.sh [-t target directory] debian packages..

使い方はこんな感じで、i386用パッケージを複数指定すると、/tmpディレクトリに作業ディレクトリを作成して、元の投稿にあるような処理を自動的におこなう。結果は、実行したカレントディレクトリにパッケージを作成する。また、 -tオプションでディレクトリを指定すると、そのディレクトリに作成したパッケージをおいてくれる。使い方は、-hオプションをつけてみてください。

このスクリプトを使えば、UbuntuのリポジトリにないskypeやATOKなどを容易に導入することができる。

Attachments:

Trackback address for this post

Trackback URL (right click and copy shortcut/link location)

2 comments, 1 trackback

Comment from: [Member]
momokuri

最初の投稿では、内部的にfakerootを使っていないために、repackしたパッケージ中のファイルは、作業したユーザの所有になってしまう。
そのせいでたとえば、VirtualBoxを処理すると、
VirtualBox: Effective UID is not root (euid=1000 egid=0 uid=0 gid=0)

VirtualBox: Tip! It may help to reinstall VirtualBox.
のようなエラーを見ることになります。
そこで、アップロードしたスクリプトを改善しているので、すでに入手している方は、再度入手してくださいませ。

2009/02/15 @ 11:17
Comment from: [Member]
momokuri

スクリプトをバージョンアップしました。VirtualBoxの場合で、lpiaアーキテクチャでは不要なファイルを削除し、disk領域を無駄に使わないようになります。

2009/03/06 @ 15:54
Trackback from: LauraHouse Labs [Visitor]
LauraHouse Labs

Ubuntu のミニノートを日常生活で使用する - アプリ
この辺りからちょっとだけ難しくなってくるように感じます。
Firefoxの設定
まずは簡単なところから。Firefoxを使用する際には必ず以下のアドオンを導入しています。
・Tab Mix Plus
・Fire Gest…

2009/03/31 @ 16:02

This post has 1 feedback awaiting moderation...


Form is loading...

September 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
A blog about social, software and technology by Hiroshi Miura, aka momokuri, who are working for Free/Libra/Open Source Software over 10 yrs.

Search

  XML Feeds

powered by b2evolution