« あのひと検索SPYSEEOpenSolarisでWineを使う »

EB4J を使って辞書引きアプリ

2008/11/23

Link: http://www.fiveflavors.com/mt/pas_mal/archives/2008/02/post_1.html

昨年より、Nokia E61というSymbian OS 9.1/S60 3rd editionベースのスマートホンを使ってきた。ほとんど、PalmOSから乗り換えられるが、2つだけ今ひとつ乗り換えられないアプリケーションが2つある。

一つは、パスワード管理ソフトウエア。Keyring for palmOSを使ってきていて、その代替となるフリーソフトウエアがほとんどない。おしいのは、safeというアプリケーション。ただし、キーの生成機能がない。

二つ目は、辞書引きソフト。これまで、EIJIROWDICの組み合わせで、ちょっと引きたいときに使ってきた。Linux distro上では、EBViewというアプリケーションを使っている。この辞書引きについては、EPWING形式を検索できるアプリケーションがS60上には存在していなくて、そんなQ&Aがインターネット検索をするとたくさんでてくる。MobilePocketというのを使うのが、今のところのworkaroundだが、変換が面倒。それは実は仕方なくて、EPWINGという規格がグローバルな標準ではなく、日本ローカルであって、Symbian OSベースのスマートホンを世界でもっとも出荷しているNokiaやモトローラの市場は、日本だけはその範囲外であったということだ。

EPWING形式を引くアプリケーションは作るのが面倒そうだな、と、思っていたのだが、じつはEBViewは、EB libraryを利用して作られている。そして、eb4jというEB libraryのjava実装があって、EPWING形式へのアクセスはライブラリに任せてしまえそう、ということに気がついた。
そして、このeb4jを使って、辞書引きソフトウエアを作った人がいて、LGPLで公開している。

Javaならば、Nokiaのスマートホンは、CLDC/MIDPアプリケーションを構築すれば、動かせるのだし、複雑な部分はライブラリ上にあるわけだから、GUIつまり、検索キーワードを受け取ってライブラリに渡して、結果をリスト表示する。程度のアプリケーションは、さほど難しくならなそうだな、ということで、作ってみたいとおもったのである

No feedback yet


Form is loading...