« Launchpad+bazaarか、Github+gitか、それが問題だDell mini 10v (Ubuntu版)のUbuntu 9.10へのアップグレード »

gnucashの日本語入力時のバグ

2010/01/17

  15:06:00 by , Categories: Linux, Input Methods

Gnucashという会計ソフトがあり、複式簿記ができる。Windowsのバイナリもあり、sqlite3やmysql, PostgresQLもバックエンドに使えるようになってきているんで、共同作業にも使えるようになっている。

メッセージの日本語化も進んでいるので、いろいろ使えると思うが、入力メソッドを使ったときに、変換候補がインラインで表示されない、という仕様になっている。

これは、GTKのインライン要素を不可視にした上で、入力内容をパースして、セルに記入するという動作をしているためである。

gnucashのシートイメージは、gnome officeのひとつ、gnumericのシートのコードが祖先になっているようだ。gnumericのほうでは、入力メソッドを使ったときの動作は改良されているので、同じような改良をgnucashに行う必要がある。

ソースは以下から入手可能
http://svn.gnucash.org/repo/gnucash/trunk

問題のコードは、
gnucash/src/register/register-gnome/gnucash-sheet.c
とおもわれる。

修正内容は、IM Contextの使い方を参照すると酔い。

No feedback yet


Form is loading...

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
A blog about social, software and technology by Hiroshi Miura, aka momokuri, who are working for Free/Libra/Open Source Software over 10 yrs.

Search

  XML Feeds

powered by b2evolution free blog software