« CPUのアーキテクチャb2evolutionにXML-RPCの脆弱性 - patch »

How to モブログ by b2evolution using MMS

2005/09/14

MMSを使ってMoblogする話し

実は、このサイトで使っているblog ソフトウエア b2evolutionには、Moblogの機能があった。

ただし、通常考えられている方法とは、ひと味違う。

グローバルのGSMの世界では、WAPが一つの標準となって世界中で同じ機能が使えるようになっている。同様に、メールも、ショートメッセージ(SMS)と、マルチメディアメッセージ(MMS)という仕様が規格化され、広く使われている。

グローバル携帯を歌うようになった3GのVodafoneも同様である。

実は、このMMSは、技術仕様としては、httpにおけるPOSTを使っているのである。これを転用して、moblogを実現するのだ。

私の使っているVodafone 702NK/Nokia 6630の場合、メールの画面から「オプション」ー「設定」ー「MMS」とたどると、アクセスポイントを設定できる。このアクセスポイントは、デフォルトでは Vodafone JP MMSゲートウエイとなっている。この「使用するアクセスポイント」を選択して変更する。
「新規アクセスポイント」ー「既存の設定を使用」ー「VF JP Access Internet」を選択。アクセスポイント名を「Moblog」とする。

こうすることで、この設定を使った場合は、制限なしのWebアクセスを使うことができる。設定リストの最後に「ホームページ」というのがあるので、これをblogの特定のアドレスにすることで、投稿の設定は完了だ。

アドレスは、http://ブログサイトサーバ/b2evo/mms.php?login=ログイン名&pass=パスワード&cat=1 のようにする。最後のcat=は、カテゴリを表しており、この値は、ブログによらずユニークであるため、投稿したいブログも同時に指定したことになる。

このような設定をしたうえで、「メールの新規作成」ー「MMS」を選択して、文章を作成するのである。タイトルは、そのままタイトルとなる。メールアドレスの入力を求められるが、なにか適当な数字でも入れておけばよい。
この機能、実は、非常に優秀であり、写真の貼り付けなども対応できているようなのである。が、v702nkの場合は、application/smilというコンテキストタイプで送信するため、うまくいかない様子である。(要デバッグ)

アクセスポイント設定の確認をするには
「ツール」ー「設定」ー「接続」ー「アクセスポイント」を開くことで、先ほど新規に追加したアクセスポイントの設定を確認できる。たとえば、複数サーバの更新もアクセスポイントとして設定を追加すれば、自在に行うことができる。

Trackback address for this post

Trackback URL (right click and copy shortcut/link location)

1 comment, 1 trackback

Comment from: [Member]
admin

このsmilへの対応であるが、コンテンツの切り出し部分のソースが、

for ( $i = 0; $i contentType );
$size = $part->dataLen;
$type = contentTypeToString( $part->contentType );
if ( $ext != '.smil' )
{
$filename = 'mms' . mktime() . $ext;
$part->writeToFile ( $fileupload_realpath . '/' . $filename );
$content .= '
';
}
}

となっているため、だめである。smilの時の切り出し関数の作成をしないといけないと考える。
PHPの猛者に期待したい。

2005/09/14 @ 11:25
Momokuri's Memo - Code readers daily [Japanese]

b2evolutionにモブログ機能付加

2006/07/30 @ 15:32


Form is loading...