« 夕焼け空の山がきれい15年前のOSSとOSM »

PlanexのUSB 無線LANアダプタをLinuxでつかう(邪道編)

2008/02/06

  08:52:11 by , Categories: Linux

PlanexのUSB無線LANアダプタGW-US54GD(似た型番の同じチップを使用してるのも同様に出来るが)、をLinuxでつかう。

2.6.22カーネルでは、こいつのドライバzd1211rw には、上記のUSBアダプタのベンダーIDとプロダクトIDが登録されていない。ネットを調べれば、このドライバのソース、zd_usb.cのID定義に、上記のIDを追加して、コンパイルし直せばいい、とでてくるだろう。

ちょっとだるい。
そこで、次のようにした。

$ lsusb -v
で、ベンダーIDとプロダクトIDを確認。
$ usbview
でもいいだろう。

$ cp /lib/modules/2.6.22-3-686/kernel/drivers/net/wireless/zd1211rw/zd1211rw.ko .
$ bvi zd1211rw.ko
000090A0 番地付近へスクロール。
このドライバの基本となるデバイスのIDである 0ace:1211 を見つけ出し、
こいつを、2019:ed01 に書き換える。そうバイナリを編集するのである。

$ sudo cp zd1211rw.ko /lib/modules/2.6.22-3-686/kernel/drivers/net/wireless/zd1211rw/zd1211rw.ko

$ sudo modprobe zd1211rw

めでたく(簡単に)使えるようになった。
GW-US54GXS(2019:5303)とかも同様だろう。

うーん。このドライバにVID:PIDをパラメータとして与えられるようにしてもらうかな。

Trackback address for this post

Trackback URL (right click and copy shortcut/link location)

Feedback awaiting moderation

This post has 1 feedback awaiting moderation...


Form is loading...