« あなたの活動レベルはどんなレベル?OmegaTで英字郎を変換したStarDict辞書を使う »

翻訳ツールと辞書

2014/12/30

  09:01:00 by , Categories: Freesoftware and Open Source Software

通常、アプリケーションの翻訳では、gettextなどのライブラリに
よって、メッセージやメニュー等がDB化され、PO ファイル等の形式になっています。
poeditなどの編集ツールや、汎用のエディタでも編集できますが、
Transifex(https://www.transifex.com/)やTranslateWiki(https://translatewiki.net/)を使うと
便利だとされています。

便利なのは、翻訳メモリという機能が利用できるためです。

詳しくは、OSCでもおなじみのエラリーさん(@brandelune)のOSPN記事が分かりやすいです。
http://www.ospn.jp/press/20101109no3-useit-oss.html

ほかにもこのへんが分かりやすいです。
http://www.slideshare.net/katayama2004/ss-20582795

さて、翻訳メモリで著名なツールは、OSSだとOmegaTです。
OmegaTでは、辞書引きの機能がついています。
StarDictという形式の辞書が使えます。英辞郎のような辞書を変換すれば便利そうですね。
このあたりのことは、以前に書きました。

さて、今月は、OSMの団体のOSMFJの定款を翻訳するというとりくみをしています。
この翻訳を正確に効率良く行うために、ちょっとした工夫をしました。

OmegaTは、チーム連携機能があるので、Githubなどで共有しながら翻訳を協力して
行なっています。
https://github.com/osmfj/teikan-translate

続いて、翻訳の参考例を増やすために、
法務省の日本法令外国語訳データベースシステムから、法令の日本語、英語の対訳を入手し、
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/?re=01
法令関係の和英辞書を生成すると共に、用例から翻訳用例DB(tmx)を生成しました。

https://github.com/miurahr/jlaw-tmx

辞書は、 OmegaTのdictionaryディレクトリへ、用例tmxはtmディレクトリに配置することで
翻訳を効率良くしています。その他、フリーの辞書もプロジェクトに配置して、チームメンバーが同じような環境で
翻訳に協力できるようにしています。

Trackback address for this post

Trackback URL (right click and copy shortcut/link location)

Feedback awaiting moderation

This post has 1 feedback awaiting moderation...


Form is loading...