« Japan - A Year Of EditsMarunouchi Cow parede »

WindowsXP での英語キーボード配列への変更(日本語キーボードからrdesktop後)

2009/01/05

  18:04:43 by , Categories: Input Methods, 生活 , Tags: atok, ime, keyboard

Link: http://yoosee.net/d/archives/2007/12/11/003.html

会社にあるDesktopPCには、悲しいかな規定によりMicrosoft Windows XPが搭載されている。普段、Oki mini keyboard (US)を使ってまあまあ快適に仕事をしているが、規定により専用端末よりリモートからデスクトップに安全に接続すると、キーボード設定が日本語106キーボードになってしまった。

英語キーボード搭載なのに「地域と言語の設定」が [EN] と [JP] の 2種類存在し、[JP] を選ぶと配列が日本語106キー配列(例えばShift+2が@でなく")になってしまう。[EN] で使うと英語キー配列だが MSIME が利用できない。ドライバは101英語キーボードになっているのだが。これはキーボードを途中で日本語106から英語101に変更したときによく出会う状況だ。

ということだが、rdesktopで日本語キーボードのクライアントから接続するときは、同じ目に遭うことに気がついた方がいい。
実際には、とあるWindows Server 2003 ターミナルサーバから、デスクトップにremote desktop接続したのである。

新年、自分の端末で、Ctrl-Plusが打てない、括弧が逆、とか、いろいろストレスであったが、yooseeさんのおかげで、助かった。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layouts\E0010411\Layout File を見てみると、案の定 KBDJPN.DLL だったので、KBDUS.DLL に変更して再起動

おなじように見てみたら、この項目が案の定の設定になっていたので、アドバイス通りに直して再起動した。もう一つのほうは、従前よりkbd101.dllの設定であった。
もう一つのストレスは、MSIME を殺してATOKを使っているのに、勝手にMSIMEがゾンビのように復活することだ。本当にいらいらする。

Trackback address for this post

Trackback URL (right click and copy shortcut/link location)

2 comments

Comment from: [Member]
momokuri

http://support.microsoft.com/kb/282599/ja

さらにこれをやった方がいい。rdesktopでログインすると、上記のcftmonが勝手にMS-IME2003を呼び出す。cftmonは常駐しているために、よみがえってくる。
上記は、cftmonを削除する方法を示している。

2009/01/14 @ 10:40
Comment from: lyuka [Visitor]
lyuka

0010411
^^^この001がMSIMEの指定だと思います。

2009/12/08 @ 14:52


Form is loading...