ホテルの名も忘れたが、良かったよ?

Written by:
Published on June 9th, 2012 @ 23:22:00 , using 2 words
Posted in 乗りもの
ホテルの名も忘れたが、良かったよ?

地下鉄駅に近く、空港から乗り継ぎ1回で来れるし、ファミリーマートが近くにあって、スタバがあるの。

何処に行ってもスタバ入ってるなあ。

こっちの放置っプリもすご過ぎるが。

Written by:
Published on June 9th, 2012 @ 23:18:00 , using 2 words
Posted in 乗りもの

シンガポールどころか、去年の台湾旅行も書いていない。
フォトブックは作ったのだが。

世界3大ガッカリを検証

Written by:
Published on July 8th, 2007 @ 12:30:10 , using 0 words
Posted in 観光

シンガポールといえばその名も高き“世界3大ガッカリ”のひとつ!!
あ、ちなみにあとの二つはシドニーのオペラハウスと北欧の人魚の像らしい。
とはいえ、超有名なマーライオンがっかりといってもそれなりにそれなりなんじゃね?とずっと思ってました。

そしたら、それなりだったので旦那に。
『世界3大ガッカリとはいえ、まあ、船からはあまり見えないけどこんなもんかー。もっとガッカリするかと思ったよー。』
と訴えてみた。
そしたら、
『何言ってるんだ。世界3大ガッカリはあっちだぞ?』
と言われ、振り返ってビックリ。

私が悪うございました。さーすーがー世界に名立たるガッカリさん!!これはガッカリだ。想像以上にガッカリだよ!!!!
小っせえ!小っせえよっっ!!海から全く見えないよ。本当に守ってもらえるか謎な位の小ささだよ!!ああ、アスラン。貴方はこんな処に居られたのですね??(ナルニア好きの妄想)

最後に1番大きい新マーライオンも見に行って3つのマーライオンを制覇。シンガポールに来た甲斐がありましたよ。大満足。

大きいマーライオンは上れるよ!!口から外が見えるよ!!でも記念撮影はモノ凄く高かったので思い切りスルーしたよ。
内部に変な展示物やミニシアターなんかがあって、私はとても楽しかった。

宿に着いた所でとまっとるがなー

Written by:
Published on July 6th, 2007 @ 21:57:37 , using 0 words
Posted in 雑記

シンガポールの猫!!日本猫と変わらん。写真を撮ろうとするとあっちを向いてしまうニクイ奴

シンガポールの木!!熱帯の木は葉っぱが綺麗・・・香港行ったときも思ったけど、おうちの中で育ててる葉っぱが地面から直に生えてると新鮮。
カラスもちょっと小さかった。

ホテルの部屋その2

Written by:
Published on April 29th, 2007 @ 00:39:24 , using 0 words
Posted in 雑記

チャイナタウンに近いフラマホテルのちょっと良い部屋。ベッドは広そうに見えないがまあまあ広いよ。
ただ長さが足りないだけだよ。(旦那がはみ出てた、足)
お風呂はバスタブあったよ。シャワーと別だよ。
バスタブにお湯を張るときはちょっと要注意で・・・2分で水しか出なくなってめっさ温かった!常夏の国じゃなかったら、辛すぎる。因みにトルコのホテルはお湯がでたぞちゃんと!!(部屋の暖房は壊れてて、先輩とババシャツ&セーター着用&ホカロンで寝たけど)
アメニティは普通なので、飛行機がビジネスクラスだったら、ANAだったら、アメニティは飛行機で貰いまくってくると良いと思うよ。歯ブラシとかANAのは良かったもん。あとスリッパはかならず持ってくる事。飛行機のがぜったいフカフカ。
そんな高級ホテルじゃないから、あまり期待するな!という事。大丈夫サンルートとかよりは立派だから。

ホテルの部屋その1

Written by:
Published on April 29th, 2007 @ 00:38:16 , using 0 words
Posted in 雑記

・・・散らかってる以外の情報が得られない写真だ。私はココで化粧する事は出来ないらしい。

シンガポールに対する熱い気持ちをぶつけよう!!!

Written by:
Published on April 28th, 2007 @ 22:00:53 , using 0 words
Posted in 雑記

HeartRails Graph

そんな感じじゃろうか?

1 2

This collection ©2017 by H.Miura • ContactHelpblog softwareweb hostingmonetize
Blog skins design by Andrew Hreschak